shunbom’s blog

中村俊輔と中澤佑二のことだけ

南ア大会

2022年10月23日配信

「僕らは岡田さんが就任したときにW杯でベスト4を目指すと」

「この3人でチームをしっかりとまとめていってほしいと」

1998年のフランス大会〜2018年のロシア大会まで
2010年の南アフリカ大会をボンバー自ら解説

お時間のある方は最後にある動画をどうぞ

 

「僕は最初ん?と思いましたけど、岡田監督が
チームが勝つためだから我慢してくれと

お前の気持ちもわかるけど、チームのために
ここで我慢することがお前に求められていることだと

僕はそれを聞いてわかりました、と納得しました」

「僕はキャプテンをやりたくなかった」←!?

(高3の時にW杯にキャプテンとして出るって
目標掲げてひとまず経験できて良かったですね)

急な変更でもうまくいった理由は?

「2006年のドイツ大会での失敗を経験した
当時を知る選手が多かったから
みんな不満はあるんですけどそれをグッと抑えて

チームが勝つために試合に出ないメンバーは
出るメンバーのサポートを
出るメンバーは出ないメンバーのためにも
より良いプレーをする」

「選手がすごく大人だったと思います」

スタメン落ちして叩かれまくった俊さん、、
「地獄」と表現する気持ちもわかる

けどこうしてちゃんと見てくれてた人もいるからね!

ちなみに佑二はキャプテン剥奪されてショックだったとを
俊輔らに励まされて元気を取り戻したと自書にありましたが、、

キャプテンから降格とはいえレギュラーの人と
エースから転落してベンチの人じゃ温度差あって当然で
この頃の2人は微妙に距離感があるように感じなくもない

けどW杯後に出たお互いの著書では
お互いのことを慮ってた様子が窺るという

特に直接励ましたりはせずメディア越しで
俊さんの援護射撃するボンバーは本当に
照れ屋さんだなーとか思いますw